小学生の娘2人と一緒に男湯に入ります③

掛け湯を済ませると早速湯船に向かいました。
浴場内の湯船は三つあり外側には小さめの露天風呂もありますが、
ひとまず他の男性を刺激しないように空いてる湯船に浸かりました。

しばらくすると娘たちが
「露天風呂に行きたい」と言うので、私は
「先に行っといて」と娘に言って自分は洗い場に向かいました。
(早く頭を洗いたかったもので・・・)
露天風呂のほうを見たところ誰もいない様子でした。
娘たちはドアを開けて出て行きました。

私は頭を洗ってタオルで髪を拭き取りながら振り返って露天風呂のほうを見ました。
見ると他の中年男性が二人いるようでした。
しばらくすると下の娘だけが露天風呂を出て私のもとに来て身体を洗い始めました。
「お姉ちゃんは?」と訊ねると「オジちゃんと喋ってる」と・・・。
退屈した下の娘は私のもとに来た様子でした。
露天風呂のほうを見ると、
一人の中年男性が娘と何やら話しているようでした。
もう一人の男性はいなくなって娘と二人きりのようでした。
「!!おっと・・」さすがに心配になって私は露天風呂に向かいました。
ドアの前まで来て露天風呂を見ると、娘は打たせ湯を楽しんでいます。
男性は湯船の淵に腰を掛けて笑顔で娘を見ていました。
会話はしていない様子でしたので私は手を振って娘を呼びました。


娘はニッコリしながら立ち上がり、持っていたタオルを畳んで頭に載せて、湯船を歩いて出ようとしました。
その時その男性はうつむいていましたが、
視線は娘の下半身を見ているように見えました。
明らかに・・・。

⇒続き:小学生の娘2人と一緒に男湯に入ります④