【男湯に女の子or女湯に男の子】銭湯で男女混浴が可能な年齢基準

最近は銭湯離れが進んでいると言われているようですが、
大型レジャー施設のようなスーパー銭湯は今でも結構流行っていますよね。
例えば自宅にお風呂がある世帯でも、
いろんなタイプの浴場やサウナなどを求めて温浴施設に通う家族は増えているようです。
とくにスーパー銭湯などに行くと、男湯の中で女児がいる光景をときどき見かけますよね。
私は月に3回くらいはスーパー銭湯を利用していますが、
さすがに10歳以上の身体つきの女の子を見たことはないですね。
せいぜい7・8歳(小学校の1~2年生)くらいまでではないかと思います。
今どきの小学生の女の子は発育も良くスタイルがいいので、
12歳くらいの女の子が男湯に入っていたら、
周りの男性はビックリしてしまうでしょうね。

以下、
「Jタウンネット(あなたの街の情報サイト)」において
男女混浴について取りあげられていました。
銭湯で男の子を「女湯」(or女の子を「男湯」)に
入れていいのは何歳までか調べてみた

<北海道の銭湯組合>
女児が男湯に混浴しても良い年齢の基準を
「小学3年生(9歳)まで」と決定しました。
北海道は以前から「12歳以上の男女を混浴させないこと」と決められていましたが、
2015/7/31の北海道新聞によると、
「カラダの大きなお子様の混浴に違和感を訴える入浴客がいます。」
との理由から組合独自の新しい基準を設けた。
組合加盟施設の183の施設で運用するという。

男女混浴の入浴が禁止とする年齢について、各都府県はどのような規定があるのか。
混浴の年齢基準を下の表にまとめてあります。

混浴できない年齢

北海道の「12歳」は、47都道府県の中で最高年齢です。
過半数の都道府県が「10歳以上」(9歳まで可)と定めています。
北海道の銭湯組合は全国の趨勢に合わせただけともいえるようですね。
なかでも年齢基準に一番厳しいのは京都の「7歳」、
続いて愛知・滋賀・鳥取・熊本の4県が「8歳」となっています。
そしてまた、福島・千葉・新潟などの県においては年齢基準は定めていないようです。
ということは・・「おっ!じゃあ大人でも混浴OKなんですか?」というわけではないですww。
<厚生労働省>
「公衆浴場における衛生等管理要領等の改正について」の中で、次のように書いてある。
「(入浴者に対する制限)おおむね10歳以上の男女を混浴させないこと」

公共の入浴施設における男女混浴のシチュエーションは
日本特有の文化と言えますね。

諸外国の方々からすれば到底考えられないはずです。
各自治体の基準は以上の表のとおりですが、現実的にはどうなんでしょうか?。

5歳くらいの女の子とお爺さんがお風呂に・・